【コメント認証のお願い】
スパム防止のため、コメントの投稿時に認証コードの入力をお願いしています。
お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い致します。 m(_ _)m

2017年02月18日

Pentax の K-10D と K-01 とで色比べ

K-10Dは、けっこう古い機種で1000万画素のCCD機
K-01もそこそこ古くて、1500万画素のC-MOS機

今回は、この2機種で発色の違いを比べてみる。
レンズは Tokina AF 100mm MACRO f3.5

ISO感度はすべて100 f値は3.5(解放)です。
撮影して、機器から自動生成されるjpg写真をUP
Rawだったらもう少し違うんだろうけど面倒くさいので…。(汗

写真は、左側がK-10Dで右側がK-01。
撮影時の天気はくもりのち晴れでした。

それでは、水仙の花から…。
K10Dは黄色が強く緑色がかぶっている感じ。
対するK-01は透き通るように白い。
K-10D (#4 f5.6).jpg  K-01(#2 f5.6).jpg

K-10D (#3 f5.6).jpg  K-01(#6 f5.6).jpg


続いて夏みかん
K-10Dは色のりが濃いめで、K-01はあっさり系。

葉の色はK-10Dの方がイキイキして見える。
実際の色はK-01が近いけど、K-10D色のりには惹かれるモノがあります。
K-10D (#7 f3.5).jpg  K-01(#10 f3.5).jpg

K-10D (#5 f3.5).jpg  K-01(#7 f3.5).jpg


次はピンク系の花で。
K-10Dは濃いといよりは赤っぽく発色してます。
K-01の方が現物に近い発色ですな。
K-10D (#9 f3.5).jpg  K-01(#13 f3.5).jpg

K-10D (#15 f3.5).jpg  K-01(#21 f3.5).jpg

K-10D (#12 f3.5).jpg  K-01(#18 f3.5).jpg


以上、おしまい。。。
posted by チュン at 19:46| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック