【コメント認証のお願い】
スパム防止のため、コメントの投稿時に認証コードの入力をお願いしています。
お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い致します。 m(_ _)m

2018年05月20日

アジ釣りに使うジグヘッドを自作

よっ! 元気?

ワシはもうヘロヘロ。
今週は自宅で身体を休めてました。

でも来週末には釣りに行きたいと思う。
渓流に行くか海に行くか迷うところで、海フライを少し巻いてみた。

僕がやり始めたアジ釣り(巷ではアジングと言います)は、ライト級の
竿を使って小さいジグヘッド(重さ0.5g 〜 1.5g くらい)にワームを
刺して投げる釣りで、1対1でやるやり方です。

やってみるとなかなか難しくも面白い釣りなので、今時分になって渓流
に行くか海に行くか決めかねてしまっている次第ざんす。(汗

巻き方はまぁ、こんな感じ。



まずはフックと重り(ダンベル・アイ)を準備。
重りは真ん中のやつをチョイス。だいたい0.25gくらいです。
フライフィッシングでは重量級ですけど、ルアーとしてはかなり軽量級。
D9ABDC09-D2CC-4485-A0A4-DEF386EAD5BD.jpeg   5F097F99-7A82-4A04-B20F-37CBBF4165B6.jpeg


スレッドを巻き留めて、ボディ材をセット。
フックが目立つようにレインボースレッド(オーロラスレッドとも言う)
を巻きます。
ベントに近いところにコブを作って固定。コブはワームの抜け留めっス。
03DD5DFB-E20D-43DB-9135-1389DCA3B6BB.jpeg   C838033C-B6C6-4448-BA40-14981B2B2E9B.jpeg


重りをヘッド部分に巻き留めたら、レインボースレッドをアンダーウィング
として巻き留める。


オーバーウィングをトッピングしたら完了。
各部は瞬間接着剤を使って補強しておきます。
このまま使っても良し、ワームをセットしても良いかと思います。
FFC2CC68-8CB5-4F17-BEFA-39AB635F7A58.jpeg   0FEB31C3-C8C4-4889-ABAD-EBC0ECB033F5.jpeg


レインボースレッドやウィング用のマテリアルは、いろんなメーカーから
発売されていてウィング材もまた然りです。
B5174FFE-E4C6-44C0-AB34-EA4FF80C2602.jpeg   0DDDAB90-B8E9-4FD2-A285-5BAA533C269F.jpeg



posted by チュン at 20:42| 岐阜 ☔| Comment(0) | フライフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする